スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卑弥呼の宮殿、最古の旧石器… 古代史ロマンが次々と 09年発掘回顧(産経新聞)

 今年の発掘調査は、奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡で「卑弥呼の宮殿か」と話題を集めた大型建物跡が出土、箸墓(はしはか)古墳(同市)では築造年代が卑弥呼の没年に近い3世紀中ごろと判明するなど、邪馬台国畿内説が一気にヒートアップした。島根県の砂原遺跡では12万年前の国内最古とみられる旧石器が出土。旧石器捏造(ねつぞう)問題以降タブー視されてきた研究進展に弾みがつくなど、考古学界にとって大きな1年となった。

 「卑弥呼の金印が見つからない限り、所在地論争は永遠に決着しない」ともいわれ、古代史最大の謎を秘めた邪馬台国。しかし、纒向遺跡の発掘調査で、床面積238平方メートルのこの時期としては国内最大規模の建物跡が見つかった。

 邪馬台国九州説の有力候補地である吉野ケ里遺跡(佐賀県)の大型建物跡の156平方メートルを大幅に上回る規模。纒向遺跡の建物跡は東西方向に4棟が一直線に並び、後の飛鳥時代の宮殿を思わせる規則的な配置だったことから、卑弥呼の宮殿説が一気に浮上した。

 箸墓古墳でも注目される成果があった。国立歴史民俗博物館(千葉県)の研究チームが、出土した土器を放射性炭素年代測定法で調べたところ、240~260年ごろの可能性が高いと発表。卑弥呼は248年ごろに死亡したとされ、「卑弥呼の墓であることはほぼ確実」との見解を打ち出した。

 「ついに邪馬台国論争決着か」という雰囲気も高まったが、九州説の研究者を中心に、「纒向遺跡では、卑弥呼が頻繁に交流した中国の遺物がほとんど見つかっていない」と批判的な見方もあり、さらなる調査に期待がかかる。

 邪馬台国時代より半世紀ほど後の初期大和政権の大王墓とされる桜井茶臼山古墳(桜井市)でも、研究者を驚かせる発掘成果が出た。竪穴式石室の周囲に、被葬者の魂を守るためとみられる丸太をすき間なく並べた柱列跡が検出された。石室内には、重さ約200キロ分の国内最多の水銀朱が塗られていたことも判明し、被葬者の権力の大きさを見せつけた。

 一方、12万年前の旧石器が見つかった島根県出雲市の砂原遺跡の発掘では、捏造問題を教訓に、遺物の出土した地層の年代を丹念に調査。多くの旧石器研究者に発掘現場を公開することで、捏造の懸念を払拭(ふっしょく)することに努めた。調査団長の松藤和人・同志社大教授は「科学的に時期が分かる火山灰層が何層もあり、年代に問題はない。さまざまな角度から検証した」と強調した。

 兵庫県淡路市の垣内(かいと)遺跡では、弥生時代後期(2~3世紀)の全国最大規模の鍛冶工房跡が見つかった。九州北部で始まったとされる鉄器生産が瀬戸内海東部に広がっていたことを示し、政治の中心が九州北部から近畿に移る時期とも重なり、日本列島の国家形成過程をうかがわせる点で注目された。

 歴史教科書に登場する有名人物も、発掘調査で次々とクローズアップされた。奈良時代の寺院跡とされる京都府木津川市の馬場南遺跡では「越中守」と読める木簡が見つかり、万葉集を編纂(へんさん)した歌人で越中守を務めたこともある大伴家持と関連する可能性が浮上した。

 奈良市の西大寺旧境内からは、日本最古の公開図書館を設立した文人貴族、石上宅嗣の名前が記された木簡も見つかった。

 邪馬台国論争のほか、歴史上の偉人たちの名前が地中から掘り出されるなど、古代史をますます身近なものにする成果が上がった年でもあった。

null
Porter23のブログ
ネイルサロン
無料携帯ホームページ
カードでお金
スポンサーサイト

09年は1200人起訴=裁判員裁判対象事件-最高検(時事通信)

 最高検は28日、裁判員制度が始まった5月21日から今月28日までに各地検が裁判員裁判対象事件で延べ1210人を起訴したと発表した。
 地検・地検支部別にみると、千葉、大阪が120人で並び最も多かった。次いで東京の104人。名古屋61人、さいたま60人と続いた。
 最も少なかったのは、1人だけの富山。釧路、盛岡、福島、福井が2人だった。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
初の裁判員事件、被告が上告=一、二審で懲役15年
市橋容疑者、殺人罪で追起訴=関与認める供述
長男殺害で実刑の被告が控訴=和歌山
「法律とギャップ感じた」=強姦事件判決で裁判員

だいすけのブログ
one,two,three
クレジットカード現金化 即日
ショッピング枠現金化
ライブチャット

雄山荘全焼 神奈川で相次ぐ文化財焼失 施錠なし、放火の疑い(産経新聞)

 小説「斜陽」の舞台として知られ、26日未明の火事で全焼した神奈川県小田原市曽我谷津の「雄山荘」。ここ数年、神奈川県内では吉田茂元首相の旧邸や旧モーガン邸など、文化財を焼失する火災が相次いでいる。いずれも原因は不明で、不審火や放火とみられている。

 太宰治の「斜陽」は太宰が恋人の日記をもとに執筆したとされるが、雄山荘はこの恋人が戦時中に疎開していた山荘だった。小田原市や地元の住民らが太宰ゆかりの文化財として保存、公開を模索していたが実現に至らず、老朽化が進んでいた。

 一方、神奈川県では、平成19年5月と20年1月に、JR東京駅前の旧丸ビルを設計したJ・H・モーガンが、昭和6年に自宅として建造した旧モーガン邸(藤沢市)が2度にわたり全焼した。また、今年3月には横浜市戸塚区の旧住友家俣野別邸が、同月、大磯町の吉田茂元首相の旧邸が全焼した。神奈川県警は旧吉田邸の火災は漏電と不審火の両面で、その他の火災は放火とみて調べている。

 旧吉田邸を除いて施錠はされていなかった。すべての建物で防犯カメラなどの設備はなかった。

賢い、お金活用マニュアル
m4pat739の日記ブログ管理ツール
無料携帯ホームページ
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 即日

やまゆり号

やまゆり号(やまゆりごう)は、茨城県守谷市が運営し、関東鉄道(水海道営業所)に委託して1996年(平成8年)9月から2009年(平成21年)7月31日まで運行していたコミュニティバスのことである。廃止翌日からは大幅に再編された新コミュニティバス「モコバス」へと引き継がれた。概要守谷駅、守谷市役所、守谷中央図書館と守谷市内各所を結んでいたコミュニティバスである。 当初は曜日によって北ルート、南ルート、東ルートのいずれかを走る無料バスとなっていたが、2001年(平成13年)10月1日より、北ルート、南ルート、東ルート、守谷町役場(現:守谷市役所)?白寿荘、守谷町役場?守谷駅の5ルートをそれぞれ走る県内初のワンコインバスとして大幅に再編された[1]。その後も廃止までにルートの再編が行われている。一般の路線バスが守谷駅と市内の各エリアの新興住宅街を結んでいるのとは違い、やまゆり号は全ルート(廃止時4ルート)が市役所、図書館を経由し、尚且つ路線バスの通らない地域をカバーしていた。また、病院、高齢者養護施設、行政施設などをなるべく通るようにルート設定をしていた事も特徴の一つである。また、やまゆり号の愛称は、市の花山百合に因んだものである。運賃料金は大人100円、小人50円。未就学児、障害者及び介助者(1名)は無料。バス共通カード・PASMOは使用不可。200円で一日何度でも利用できる一日利用券がある。1回に限り無料で乗り継ぎができる乗り継ぎ券がある。乗り継ぎ券は「やまゆり号バスターミナル」「守谷市役所」「図書館前」でのみ発行され、この3停留所でのみ使用可能。廃止時路線みずき野ルート守谷駅西口にある「やまゆり号バスターミナル」を起点とし、守谷市役所、守谷中央図書館、守谷記念病院などを通り、パークシティ守谷で路線バスの通るバス通りに入り、守谷駅東口に至る。関東鉄道常総線の東側をカバーするように運行する。運行ルートと主な停留所やまゆり号バスターミナル→守谷市役所→守谷中央図書館→黒内小学校前→守谷記念病院前→会田記念病院入口→さくらの杜公園前→郷州公民館前→みずき野一丁目→南守谷駅入口→守谷郵便局→保健センター→守谷駅東口北守谷ルート守谷駅西口にある「やまゆり号バスターミナル」を起点とし、守谷市役所、守谷中央図書館、常総ニュータウン北守谷へ向かう。新守谷駅、北守谷公民館で折り返し、守谷駅西口に至る。守谷市の北部をカバーするように運行する。運行ルートと主な停留所やまゆり号バスターミナル→守谷市役所→守谷中央図書館→慶友病院前→御所ケ丘小学校前→新守谷駅→文化会館前→御所ケ丘→第一病院前→北守谷公民館前→(折り返し)→守谷駅西口南守谷ルート守谷駅西口にある「やまゆり号バスターミナル」を起点とし、守谷市役所、守谷中央図書館、ヒルズ美園、常総ニュータウン南守谷方面へ向かう。守谷市の南部をカバーするように運行する。運行ルートと主な停留所やまゆり号バスターミナル→守谷市役所→守谷中央図書館→松ケ丘七丁目→高野小学校前→美園一丁目→ジャスコ前→けやき台一丁目→南守谷駅→高野公民館前→けやき台中学校前→百合ケ丘三丁目→守谷駅西口白寿荘・板戸井ルート守谷駅西口にある「やまゆり号バスターミナル」を起点とし、守谷市役所、守谷中央図書館、国際交流センター、スポーツセンター、白寿荘方面へ向かう。守谷市の北西部をカバーするように運行する。運行ルートと主な停留所やまゆり号バスターミナル→守谷市役所→守谷中央図書館→国際交流センター前→四季の里公園入口→常総運動公園入口→守谷高校前→いこいの広場前→スポーツセンター前→白寿荘→峰林荘入口→大野小学校前→給食センター前→守谷駅西口関連項目守谷市モコバス関東鉄道水海道営業所日本のコミュニティバス一覧外部リンク守谷市やまゆり号のページ脚注^ 広報もりや おしらせ版 2001年9月25日号 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%81%BE%E3%82%86%E3%82%8A%E5%8F%B7」より作成カテゴリ: 統合提案 | コミュニティバス | 茨城県の交通 | 関東鉄道 | 守谷市 | 常総ニュータウン

携帯の時代
審査の厳しい最近のキャッシング事情
パチンコ攻略
ライブチャット
カードでお金
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。