スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雄山荘全焼 神奈川で相次ぐ文化財焼失 施錠なし、放火の疑い(産経新聞)

 小説「斜陽」の舞台として知られ、26日未明の火事で全焼した神奈川県小田原市曽我谷津の「雄山荘」。ここ数年、神奈川県内では吉田茂元首相の旧邸や旧モーガン邸など、文化財を焼失する火災が相次いでいる。いずれも原因は不明で、不審火や放火とみられている。

 太宰治の「斜陽」は太宰が恋人の日記をもとに執筆したとされるが、雄山荘はこの恋人が戦時中に疎開していた山荘だった。小田原市や地元の住民らが太宰ゆかりの文化財として保存、公開を模索していたが実現に至らず、老朽化が進んでいた。

 一方、神奈川県では、平成19年5月と20年1月に、JR東京駅前の旧丸ビルを設計したJ・H・モーガンが、昭和6年に自宅として建造した旧モーガン邸(藤沢市)が2度にわたり全焼した。また、今年3月には横浜市戸塚区の旧住友家俣野別邸が、同月、大磯町の吉田茂元首相の旧邸が全焼した。神奈川県警は旧吉田邸の火災は漏電と不審火の両面で、その他の火災は放火とみて調べている。

 旧吉田邸を除いて施錠はされていなかった。すべての建物で防犯カメラなどの設備はなかった。

賢い、お金活用マニュアル
m4pat739の日記ブログ管理ツール
無料携帯ホームページ
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 即日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。